さいたま市で不動産会社を営み遮音・防音対策に対応した新築やリフォームをご提案

お問い合わせはこちら

さいたま市の不動産・有限会社デコレホームのお客様の声

新築でもリフォームでも音に関する問題をクリアにします

さいたま市の不動産・有限会社デコレホームのお客様の声

高気密住宅の手法はいくつもあり、一般的に用いられている施工法の場合、壁や窓のサッシからの遮音・防音効果はあまり期待できません。新築する際に遮音性・防音性の高い高気密住宅をご希望するならば、樹脂断熱やコンクリート壁・特殊な遮音シートと押し出しサッシの施工も行うことで家の内外からの音に関する問題をクリアにすることができます。
また、すでに戸建てにお住まいで音に悩まれている方に向けては、外壁を壊すことなく行える防音・気密・断熱などの性能を高めるリフォームをご提案しています。


遮音性・防音性に優れた施工の導入をおすすめしております

高機能住宅を建てる上で排除できないポイントとして、気密性の高さと遮音・防音性の関係があります。お子様からお年寄りの方まで安心して伸びやかに暮らせる高機能住宅は、それだけでは遮音性・防音性に優れているわけではなく、音に関する特別な施工も施すことで家の中の音を周りに漏らさない住宅に仕上がります。
気密性の高い住宅ということで音が閉ざされた家を想像される方が多いですが、気密性能を向上させる最大の目的は、電気やガスといった消費エネルギーの軽減や温度分布の均一化、アレルギーの原因にもなるハウスダストの減少のことを指します。そのため、実際に住んだ場合に家の外の音が家の中まで聞こえてこなくても、家の中の音は外に聞こえている場合が多々あります。家の中の快適さと周り(隣人)の快適さ両方に配慮し、良好なご近所づきあいのためにも予測されるトラブルの芽はあらかじめ摘み取っておくことがとても重要です。

押し出しサッシや特殊な遮音シートで音に関する不安をカバー

省エネや室内温度の均一化、ハウスダストの減少には高気密住宅に住むことをおすすめいたしますが、高気密住宅において一般的に期待される遮音性や防音性は、気密性能を高める方法がいくらでもあるため全てにおいてその効果を期待できるわけではありません。
一般的な高気密住宅は壁の内側にポリフィルムを施してありますが、これは壁からの遮音効果がほぼ期待できず、音が出入りしやすい窓のサッシにおいても、通常引き違いサッシが使われているため効果はあまり期待できません。新築・または建て替えのご相談の際に遮音性・防音性にも優れた高機能住宅をご希望される方には、それに向けた工法を取り入れた施工をご提案しています。樹脂断熱やコンクリート壁、または鉛などを含み遮音効果が期待できる特殊な材質の遮音シートを導入し、窓からの音の出入りを遮断する押し出しサッシを取り付け、周囲もご家族も快適な住み良い住宅をご提供いたします。

外壁を壊さずに遮音・防音性を高めるリフォームをご提案

近隣からの騒音に悩まれた時、ご近所づきあいや恨みが残る場合があることから苦情を申し入れは避けたい手段と言えます。そこでより建設的な対応を考えた場合、外からの音に悩まされるという点からご自宅の遮音性や防音性が劣っているということを糸口とし、遮音・防音の性能を高める住宅にリフォームするという手段が挙げられます。
遮音・防音に関する対策は、新築する際でなければその特殊な工法を行えないわけではありません。詳しいリフォーム方法を分かりやすくご説明し、補修やパーツの欠品などメンテナンス面での不都合や、サッシ本体の重量が欠点となりうることから輸入サッシの説明は念入りに行います。国産のものと気密性能の差異はそこまでありませんので、どれも納得した上でご選択いただけます。現在住まわれているご自宅の外壁を壊すこともなく、防音・気密・断熱に優れた施工法をご提案します。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。